モンクママの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 新年

<<   作成日時 : 2006/01/02 14:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あけましておめでとうございます。
サイトを立ち上げて1年。
(このブログはそれよりも2ヶ月ほど前から始めていたわけですが)
ほとんど更新もせず、しかもサイトは休業状態であるにも関わらず
訪問してくださる方がいらっしゃるのは本当に嬉しいです。
ありがとうございます。
なるべく早くサイトを完全復活させたいとは思っていますので
どうか今年もよろしくお願いいたします。


さて・・・・
12月17日の続きですが・・・・
実を言うと、この後の事ははっきり言ってゴチャゴチャになってます(汗)
なので、以前の日記とおぼろげな記憶を照らし合わせながら
書くことになると思いますので、もしかしたら事実とちょっと異なってるかもしれません。
でも、できるだけ正確に思い出しながら書いてみたいと思います。

え〜〜・・・
事故(騒動?)の翌日、12月18日。
オグマはなんとなく元気がないような感じはするものの
食事も普通にとってるし、目以外は極めて普通な感じでした。
ただ・・・・オグマが横を通るとなんとなく変な臭いがしていました。
目薬(病院で処方してもらったもの)を差していたので
その臭いかな〜〜と思っていましたが、
昼頃になって、オグマの首・・喉の辺りがベチャベチャと濡れているのに気がつきました。
あれっと思っているとモンクがその辺りをフンフン嗅ぎながら舐めてるし!!
傷が出来ていた辺りなので、モンクを制止し、傷口を確認しました。
嫌な事に、臭いの元はこの傷口で、慌てて毛を刈ってみると
病院で先生と確認した傷以外にも幾つかの傷がありました。
かなり広範囲にわたって毛をハサミでカットし
傷口を消毒し、薬をつけました。
病院へ行こうかとも思いましたが
抗生物質も処方してもらって飲んでしるし大丈夫じゃないかなと
軽く考えていました。

12月19日、朝起きてからオグマの傷口を確認すると
皮膚に直径5ミリほどの穴が開いていました。
どう見ても尋常ではありませんでした。
臭いも相変らず酷いし、傷口全体が化膿していることがはっきり分かりました。
昨夜あたりから、オグマは明らかに元気がなくなっていました。
おもちゃで遊ぶ事も無くお布団の上で横になって寝ています。
「病院に行かなければ!」

再び前回見ていただいた病院へ。
モンクもついていきましたが、モンクのこぶは
見た目にも腫れが引いているのが分かったので
診察はオグマだけにしました。
診察結果は・・・傷口からの感染による膿皮症。
前回処方していただいた抗生物質では薬が弱かったのだろうとのことでした。
本当は毛を刈ってしまった方がいいのだけれど
自分で掻いてしまったりモンクが舐めたりすると
少しでも毛で覆われていた方が傷口にダメージが少ないからと
私が刈った以上には毛を刈ったりはしませんでした。
(場所が場所だけにエリザベスカラーは無理そうでした)
前回よりも強い抗生物質を処方され、
「薬が強いと吐いたり下痢をしたりする子がいるので
もし吐いたり下痢したりしたら電話して。」
と先生から言われて帰宅しました。
朝食抜きで行ったので(モンクとオグマが)
ご飯をあげてそれぞれに薬をあげました。
が・・・・1時間もしないうちにオグマが吐いてしまいました。
慌てて病院に電話すると先生から
「夕ご飯のときにフードをお湯でふやかして、薬を混ぜてあげてしまうか
食べ終えたらすぐ薬をのませるようにしてみて」と言われました。
「それでも吐いてしまうようなら薬を別の物にかえるから電話して」とも。
夜10時くらいまでなら病院にいるので
夕ご飯の後薬を飲ませて1〜2時間様子を見るようにとのことでした。
結局その日の夜の薬は胃に収まったようで吐くことはありませんでした。
でも、食欲はあるものの、それ以外はやっぱり元気がなくて
お布団の上でずーっと横になって寝ているオグマでした・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新年 モンクママの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる